Lyftリフトのプロモーションコードと使い方!Uberとはどう違う?

生活情報

トロントの寒い冬、外でバスを待ったり雪道を歩くのはなかなかしんどいですよね。タクシー代わりにUber(ウーバー)を使っている方も多いのではないでしょうか?

最近勢いを増してきているのがUberと同じく、ライドシェアリングサービスのLyft(リフト)です。

今回は寒~い冬やトロント観光でも活用したい、カーシェアリングサービスのLyft(リフト)のご紹介をしたいと思います。

最初の5回は10ドルOFFになるプロモコードもあるので、是非ご活用くださいね!(トロントでの利用のみ割引適応)

スポンサーリンク

初回限定プロモコード

Lyftの登録が初めての場合、登録時に下記のプロモコードを入力していただくと初回5回の利用が10ドルoffになります。トータルで50ドルoffとお得なので、まだリフトを使ったことがない方は是非試してみてくださいね☆

メニューの中にあるPromoを選択し、Enter promo codeにコピペするか、こちらからご登録ください。

Lyftプロモコード:KANAKO35789 

Lyft(リフト)の使い方

リフトの使い方はUber(ウーバー)とほぼ同じです。

①まず行先を入力します。Startに迎えに来てほしい場所、Endに行先を入力。

②相乗り(Shared)か貸切(Lyft)を選択しRequest Lyftを押します。この時に料金とおよその到着時刻が提示されます。ドライバーが何分くらいで迎えに来られるのかも提示されます。

③ドライバーがリクエストを受け入れるのを待ち、ピックアップしてもらう場所へ向かいます。

平均して1~5分で迎えに来ることが多いので、すぐに出発できる状態にしてからドライバーを呼びましょう。

④リクエスト場所までドライバーに送ってもらった後は、チップを入力し、評価をつけて終わりです。(☆5つでの評価となります。)

支払いはクレジットカードなので、キャッシュ不要、車内での金銭授受もないので便利です。

LyftとUberの違い

LyftとUberどちらも利用していますが、特に大差はありませんでした。利用方法、決済方法も同じです。

一つだけ違いをあげるとすると、UberにはExpress Poolという機能があります。Express Poolは相乗りで、ピックアップ場所をUberが決めるため数分歩いてその場所へ向かう必要があります。その分価格はお得に利用することができます。

Uberの登録が初めての場合、下記のプロモコードを入力していただくと最初の3回は2ドルoffになります。

Uberプロモコード:kanakos47ue

まとめ

「Lyftリフトのプロモーションコードと使い方!Uberとはどう違う?」いかがでしたか?

トロントの長い冬は気が遠くなるほど長いですが、雪道を歩くのが辛い時や約束に遅れそうな時にも便利なLyft、是非活用してみてくださいね。

今年の冬はライドシェアリングサービスのLyftとUberを使って、快適に過ごしてみてはいかがでしょうか?


タイトルとURLをコピーしました