コロナ禍に読みたい!おすすめ本5冊

ライフスタイル

コロナ禍のステイホームで、自分時間が増えた方も多いのではないでしょうか?私自身長引くロックダウンで以前より本を読む機会が増え、お散歩中はオーディブルで本を聴くようになりました。今回はSNSや人付き合いに疲れてしまった方やキャリアに悩む方向けに、おすすめ本をいくつかご紹介したいと思います。

読み返したくなる心に響く本

超訳ニーチェの言葉

ドイツの哲学者ニーチェの残した言葉を超訳した自己啓発本のような本。「己について」「人について」などセクションごとに分かれているので、読みたいところから気軽に読み始めることができます。一つ一つの文章は短いけれど、わかりやすく心に響く言葉ばかり。当たり前だけど、ついつい忘れがちなことに気が付かせてくれ、心が前向きになる1冊です。さらっと読めるのでコロナで心が疲れている方にもおすすめです。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

SNSの発達によって以前にも増して人と自分を比べたり、嫉妬したり、羨ましがったり…自分でも気が付かないうちに心が反応していて、心が疲弊している人も多いのではないでしょうか?自分の心の状態を知り、心を落ち着けることで物事に無駄に反応しないための方法をブッダの考え方から学ぶことができる本。SNS疲れや人間関係に疲れてしまった人におすすめの1冊です。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

オードリー若林 正恭さんのキューバ旅行記。私自身、キューバを旅して「幸せとは何か」深く考えさせられるところがありました。社会主義国キューバのディープなところまで見に行くところも興味深く、旅行記だけでは終わらない心に響く作品。現代社会に違和感を感じている人や、他人と自分を比べて疲れてしまう人に読んでほしい1冊。

その他おすすめ本

いま君に伝えたいお金の話

お金のプロが子供向けに、お金との付き合い方をわかりやすく書いた本。大人になるにつれてお金についての理解は深まっていくけれど、お金について教えてもらう機会ってなかなかないですよね。この1冊を読めば金融知識がなくても、お金の本質についてさくっと理解することができます。これから投資を始めたいと思っている人にもおすすめです。

科学的な適職

コロナ禍で今後の働き方を考えさせられたり、今のままでいいのかとキャリアについて考え直している人も多いかと思います。好きなことを仕事にしよう、性格テストで自分に合った仕事を選ぼうという文言は転職サイトなどでもよく目にしますよね。でもそういった仕事探しでは、幸福感は長く続かないのだと言います。10万本の科学論文を読了した作者が科学的な観点から、合理的に職探しを後押ししてくれる一冊です。

まとめ

「コロナ禍に読みたい!おすすめ本5冊」いかがでしたか?ステイホームでおうち時間が増えたのに、SNSを見て疲れてしまったり、長引くコロナで心が疲れている方も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめな、さくっと読めるのに心に響く本と、コロナ禍でお金や仕事について考えさせられた人に向けた本をピックアップしてみました。活字が苦手な人はお散歩中にも楽しめるオーディブルがおすすめですよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました