カナダと日本の銀行の違い!おすすめはTangerineタンジェリン【$50のプロモコードつき】

生活情報

ワーキングホリデーや留学でカナダへ滞在する際、現地の銀行口座の開設は必須ですよね。

というのも現地でアルバイトを始めると、お給料の支払いは基本はチェック(小切手)だからです。

日本では口座振り込みが当たり前でしたが、カナダでは2週間毎の給料をチェックでもらい、自分でATMにチェックを入れる必要があります。

現地の銀行口座を開設しておかないとチェックをもらっても、現金化できなくなってしまうわけです。

スポンサーリンク

カナダの銀行

カナダのメジャーな銀行は、TDバンク、CIBC、Scotiabank、RBC、BMOなど。

ワーキングホリデーや留学などで口座を開設する場合は、口座の種類は以下の2つを押さえておけば問題ありません。当座預金口座だけで問題なく生活できると思います。

  • 当座預金口座=Chequing account
  • 普通預金口座=Savings account

日本の銀行と異なる点

  • 口座維持手数料がかかる
  • デビットカードの使用が基本

カナダの銀行の多くは口座維持手数料がかかります。この手数料、残高によっては免除されたり、クレジットカードを持つことで免除されたりもします。(クレジットカードは永住権がないと作るとこは難しいです。)

カナダはカード社会です。デビットカードやクレジットカードを利用する人が多く、セルフチェックアウトの場合はキャッシュ不可のお店もあるのでデビットカードは必須です。

デビットカードとは

デビットカードとは、自分の口座からお金を引き出す以外にも、カードでの即時決済ができる優れ物です。

クレジットカードとの違いは、当座預金口座からの即時決済である点です。

即時決済のため後から請求が来たり、使いすぎてしまう心配もありません。

このデビットカードとても便利ではありますが、口座開設時のプランによっては無料で利用できる回数が制限されていたり、その回数を超えると利用手数料がかかってしまうので注意が必要です。

ということで、今回オススメしたいのがScotiabank下にあるオンラインバンクのTangerine(タンジェリン)です。

[quads id=1]

Tangerine(タンジェリン銀行)

オンラインバンクのTangerine(タンジェリン)は、手数料完全無料です。

デビットカードの使用やATMからの引き出しに手数料がかかることはありません。

Tangerineの支店は少なくATMは街中にありませんが、カナタの大手銀行Scotia Bank(スコシアバンク)の傘下にあるため、 Scotia BankのATMを手数料なしで利用することが可能です。

口座開設に必要なもの

  • 電話番号
  • Social Insurance Number
  • カナダ政府発行の写真付きID(ワーキングホリデーや留学の場合はPhoto IDカード
  • 現住所が確認できるもの(現住所が記載されている公的機関からの手紙など)

口座開設について

Chequing Account(当座預金口座)をオンラインで開設する際には、携帯電話番号やソーシャルインシュランスナンバーが必要になるので、これらを手にいれた後で口座開設をすることになります。

オンラインで名前や住所などの基本情報の登録が完了すると、DSS番号というものが発行され、これとIDを持って本人確認が必要になります。この本人確認は最寄りのCanada Postでできるのでとても便利です。

DSS番号に加え、カナダ政府発行の写真付きIDと、住所証明ができるもの(住所の載った公共料金支払い証明書など)の2点が必要になります。

口座開設と本人確認が終わると、登録した住所にカードが送られてきます。

口座開設方法の詳しい説明はこちらから。

お得なプロモーション情報

Tangerineで新規口座を開設し、口座開設後60日以内に$250口座に入れるだけで$50もらえるプロ―モーションがあります。

登録画面の1番最初にOrange Key(紹介コード)を入力する画面があるので、そこに以下のコードをコピペしてくださいね。

51748133S1

そのまま口座開設を進め、自身の口座に$250入金するだけで$50のボーナスがもらえます。

まとめ

カナダと日本の銀行の違い!おすすめはTangerineタンジェリン【$50のプロモコードつき】いかがでしたか。

日本とカナダの銀行事情は異なることも多いので、最初は戸惑うこともあるかと思います。

口座やカードの種類をしっかり理解した上で、損のない銀行選びをしましょう。

口座開設の際にも必要となる写真&住所記載のIDは、渡航後すぐに作成しましょう。

オンタリオ州では政府発行のPhoto IDカードという写真&住所記載のIDを作ることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました